Provided by Yahoo! JAPAN

口永良部島 くちのえらぶじま

ライブカメラ画像

口永良部島 本村西 夜間や悪天候時は、画面が見えにくくなります
口永良部島 本村西のライブカメラ
口永良部島 屋久島吉田 夜間や悪天候時は、画面が見えにくくなります
口永良部島 屋久島吉田のライブカメラ
噴火警戒レベル3 (入山規制)

居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、または発生すると予想されています。登山や入山は避けてください。

2024年3月1日 16時00分

福岡管区気象台 鹿児島地方気象台 発表

火山の活動状況について
危険度
レベル5(避難)

居住地域に重大な被害をもたらす噴火が発生、あるいはその恐れが極めて高い状態

レベル4(高齢者等避難)

居住地域に重大な被害をもたらす噴火の発生が予想される状態

レベル3(入山規制)

居住地域の近くまで重大な被害をもたらす噴火が発生、あるいはその恐れが予想される状態

レベル2(火口周辺規制)

火口周辺に被害をもたらす噴火が発生、あるいはその恐れが予想される状態

レベル1(活火山であることに留意)

火山活動は静穏な状態。ただし、活火山であることに留意

降灰予報

2日0時〜3時に噴火が発生した場合

・方向:南東
・降灰の到達距離:140km
・小さな噴石の到達距離:8km

  • 降灰
  • 小さな噴石の落下

最新の火山情報

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
 2月26日から3月1日15時までの口永良部島の活動状況をお知らせします。火山活動が高まった状態であることから、新岳及び古岳火口周辺において噴火が発生する可能性があります。

火山の活動状況など

 本村西監視カメラによる観測では、古岳火口で噴煙は確認されませんでした。新岳火口では白色の噴煙が最高で火口縁上200mまで上がりました。
 
 古岳火口付近の浅いところを震源とする火山性地震は、概ねやや多い状態で経過しています。新岳火口付近の浅いところを震源とする火山性地震は、少ない状態で経過しています。
 2月28日に継続時間の短い火山性微動が発生しました。
 
 東京大学大学院理学系研究科、京都大学防災研究所、屋久島町及び気象庁が実施した観測では、火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量は、数十トン以下と少ない状態でした。
 
 GNSS連続観測では、2023年6月下旬頃から古岳付近の膨張を示唆する変動が観測されていましたが、11月頃から停滞しています。
 
 口永良部島では、地震活動や古岳の噴煙活動が活発化するなど、火山活動が高まった状態であることから、新岳及び古岳火口周辺において噴火が発生する可能性があります。

噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など

噴火警戒レベル3(入山規制)

居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、または発生すると予想されています。登山や入山は避けてください。

防災上の注意事項など

 新岳火口及び古岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。また、向江浜地区から新岳の南西にかけての火口から海岸までの範囲では、火砕流に警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

掲載情報について
気象庁が発表している情報を掲載しています。

災害から命を守るアプリ Yahoo!防災速報 緊急地震速報も通知でお知らせ iOS版AppStoreからダウンロード Android版GooglePlayで手に入れよう